Miaの手記

フリーダムウォーズの世界を伝える手記

大消失とは?

原点回帰してみる

 お久しぶりです、Miaです。

 

 このブログって、本来は「私が気になったフリーダムウォーズに関する設定について考察し(妄想の限りを尽くし)て、それを垂れ流す場所」にしたかったんですね。

 

 それがどうでしょう、対人ボランティアについて書いてみたり、QSや武器作成の解説をしてみたりと、なんか変な方向に行ってます。

 

 これはいけない

 

 いや、「参考になりました!」とか言ってくれる方が居るのは事実ですし、嬉しいですし、書きたくない訳じゃないんですよ。

 

 ただ、一番やりたかったことを疎かにするのってどうなの?ってことで、今回は気合入れて妄想をブチまけます。

 

 需要ないのは承知の上だから、ツッコミは要りません('ω')b

 

 

大消失について

 ようやく本題ですが、本編でも語られていた「大消失」という事件。

 

 何があったのか気になりません?なりますよね?ね?

 気にならないって方はフリウォ愛が足りないので、再教育受けてきてください。 

 

 今回はこれを考察(妄想)してみます。

 

 妄想を垂れ流す前に、「大消失」について簡単に説明しますね。

 

f:id:JD000100:20180119185836j:plain

 大消失

 12年前のPT紀元10万202年、ある地域で起きた事件。

 人間を成り立たせているウィルオーの意味信号が大域一斉消失し、7分13秒間に350万人もの人間がロストした。

 原因は人為的とも自然発生的とも、大規模な天罰とも言われているが、未だ明らかになっていない。

 

 その被害は複数のPTに及び、中心となったニライカナイPTが強大な勢力を持っていたこともあり、世界的なパワーバランスが崩壊、副次的なPT同士の紛争による犠牲者は総人口の4割以上と試算されている。

 現在生き残っている人々のほとんどが、多かれ少なかれ影響を受けた事件である。

 

 当時ニライカナイでは「柩」の軍事転用実験が行われていた。

 ある時、実験が失敗し、意図せず煉国への扉が開いてしまう。

 その際に煉国から漏れ出したエネルギーが、大消失の原因となった。

 

 ※公式設定資料集「La Vie En Rose」より抜粋

 

 超詳しく書いてありました

 さすが公式設定資料集です。

 

 これ読めば概要は把握出来るので、私がクドクド説明しなくて良いですね。

 やった楽できr(殴

 

f:id:JD000100:20180119200401j:plain

 あ、1つ補足するなら、アーベルさんは大消失の生き残りです。

 

 

妄想垂れ流しタイム

 大消失に関する私の疑問は、大きく分けて2つです。

 

1.具体的にどう言った被害が出たのか

2.ペルタトゥルム型アブダクターが大消失の現場でどの様な役割を担ったのか

 

 

1.具体的にどう言った被害が出たのか

 まずは被害について考えてみましょう。

 私は大消失と聞いて、ニライカナイPTとその周辺が丸々焼け野原になる様な大規模な破壊を想像したんですが、どうやら違うみたいですね。

 

 そう思う理由は以下の記述です。 

 

 「人間を成り立たせているウィルオーの意味信号が大域一斉消失」

 

 大消失の渦中に居ながら生き残ったのはアーベルさんのみです。

 当然ユートペディアに登録されている情報と言うのは、大消失発生後の調査で判明したものでしょう。

 

 アーベルさんは周囲の人間が倒れていく様を見ていたとは思いますが、それを「ウィルオーを失ったから倒れた」と断定出来る証拠はありませんから、犠牲者の体が残っていなければ、「ウィルオーの意味信号が消失した」と分かる訳がないと思うのです。

 

 また、「ウィルオーの意味信号が大域一斉消失」と言うのはなんとも理解しづらい表現ですが、ウィルオーとは「人の意思」と表現しても良い重要なものです。

 これが消失してしまえば、「意思の抜けた状態」となる訳で、「死」と定義出来るのかは別として、自力で生き残ることは不可能になります。

 

 ちょっと横道に逸れましたが、大爆発が起きてPT諸共消し飛んだとか、そう言うものじゃなかったことが分かりますね。

 

 

 これらを踏まえて考えると、犠牲者の数に不釣り合いなほど、建造物などには損害が無かった可能性もありますね。

 

 仮に建造物などへの被害も甚大だったとするなら、大消失の後か最中に「煉国」と敵対している天獄が介入し、破壊を行った可能性の方が高い様に思います。

 

f:id:JD000100:20180119200144j:plain

 主人公達がペルタトゥルムを倒し、柩を閉じた直後に天獄勢力の襲撃があったことを考えると、あり得ない話でもないですし、自分たちと同等以上の力を持つ敵対勢力(煉国)がいつ出てくるか分からない扉(柩)など、天獄からしたら真っ先に破壊したいでしょう。

 

 大消失が大規模な天罰だとする説は、この時襲来した天獄勢力の痕跡を根拠にしているのかも知れませんね。

 

 

2.ペルタトゥルム型アブダクターが大消失の現場でどの様な役割を担ったのか

 被害については結論が出たので、大消失におけるペルタトゥルム型アブダクターの役割について考えてみましょう。

 

f:id:JD000100:20180119200218j:plain

 資料集に書いてあった訳ではないので、「ペルタトゥルム型が居たハズ」と言う考察自体が、完全に私の妄想です()

 

 なので、まずは、何故ペルタトゥルム型が大消失の現場に居たと思うのかを説明します。

 

 とあるPTが大消失の跡地から回収した残骸を解析し、あるアブダクターを製造、扱いきれずに計画は凍結されていたものの、最終的にレムリアPTが「オルタトゥルム」、「αC型眩耀(ラディアン)」として実用化したと言う経緯があるからです。

 

 この経緯から、大消失の際に出てきたのは「煉国のエネルギー」だけではなく、「ペルタトゥルムと同型のアブダクター」も含まれていたハズなのです。

 

 そうでなければ、その「とあるPT」はペルタトゥルム系アブダクターのパーツ1つすら回収出来ていないにも関わらず、原型に近いアブダクターを再現して見せたことになってしまうので、筋が通りません。

 

 ついでに言えばこれの残骸があったってことは、撃破までは行かずともペルタトゥルム型のアブダクターを傷付けた何者かがいるハズで、そんな真似が出来るのは唯一の生き残りであるアーベルさんである可能性高いですよね。

 

f:id:JD000100:20180119200939j:plain

 ペルタ君の初見殺しスキルの高さは皆さんもご存知の通りです。

 アーベルさんヤバい(語彙力)

 

 また変な方向に話飛びそうなので戻しますが、大消失の現場にペルタトゥルム型が居た可能性は濃厚ですよね。

 

 ここで思い出して欲しいのですが、他のアブダクターには使えない、ペルタトゥルム型のみが使える属性(?)がありますよね。

 

 そう、「毒」です。

 

 ゲーム内では範囲が狭い上に、予備動作も大きいのでまず食らわないとは思いますが、あれをもっと広範囲にバラ撒けたら、人間(生物)だけを狙い撃ちして殺せます。

 

 この世界では、人間の体内に「ウィルオーを扱う器官」があると、ユートペディアに明記されていますので、この器官を死滅、或いは衰弱させてしまう毒であるなら、ウィルオーを奪うことも出来ますから、あり得ない話ではなさそうです。

 

 ついでに言えば、ペルタトゥルム型の目玉に乗っかっている女性ですが、「メドゥーサ」によく似ています

f:id:JD000100:20180119194105j:plain

 ※「メデューサ」と言う表記が一般的な気もしますが、「メドゥーサ」表記も間違いではないので悪しからず(と言うか外国語を無理やりカタカナにするのに無理がry)。

 

 メドゥーサと言うのは、見た者を石化させるそうですね。

 

 体は無傷のままウィルオーを奪われた人は、石の様に動かなくなるでしょうから、ぴったりなモチーフだったのかも知れません。

 

 

 大消失直後のニライカナイPTは、ほぼ無傷の建造物と動かなくなった人々が存在する恐ろしい情景を見せていたのかも?

 

私なりの結論

f:id:JD000100:20180119200245j:plain

 だらだら書いてきましたが、大消失で具体的に何が起きたのか、私なりの結論を出すことが出来ました。

 

1.ニライカナイPTが「柩」の軍事転用実験に失敗

(アリエスさん曰く「柩の開け方を間違えた」)

2.開いた柩から煉国のエネルギーが流出、同時にペルタトゥルム型アブダクターが1機以上出現。

3.ペルタトゥルム型による「毒」の散布。

4.「毒」によりウィルオーを奪われた人々が倒れていく

 

 恐ろしいですね

 直接的な暴力でもって、何もかも奪い去っていく天罰とは違った恐怖があります。

 

 存在感の薄い「毒」攻撃ですが、煉国製のペルタトゥルム型しか使ってこないことを考えると、「煉国」と言う勢力の思想が見えてくる様な気もしますね。

 触鎖の行う冷気、火炎放射攻撃も、思えば対兵器と言うより対人攻撃用と言う側面が強い様に思います。

 

 鳥籠を持たない点も含めて、人を攫うのではなく殺すことを主眼に設計されているのが煉国アブダクターの特徴なんでしょうか。

 

 アブダクター(略奪者)とは言えないただの殺戮マシーンであると言う意味では、天獄アブダクターより恐ろしい存在である様に思います。

 

終わりに

 久しぶりに考察(妄想垂れ流し)系記事が書けて楽しかったです。

 「煉国」が予想以上に恐ろしい殺戮集団である可能性が見えてきたり、こう言う発見があるから楽しいのです。

 

 まあ、全部私の妄想なんですけどね。

 

 何か役に立つ訳でもない話に最後までお付き合い頂き、ありがとうございましたヾ(๑╹◡╹)ノ"