Miaの貢献日記

フリーダムウォーズのプレイ中に起きた事柄の紹介や、設定に関する考察(妄想とも言う)をツラツラと書いていきます

色々不遇なアリサカ Mk.1

 死んだと思いました?

 生きてますよ|ω・`)

 

色々惜しかったせいで「使いづらい」と言われてしまう子

 今回はタイトル通り、「アリサカ Mk.1」についてのお話しですヾ(๑╹◡╹)ノ"

f:id:JD000100:20170725113658j:plain

 使ってみるとそうでもないんですが、「使いづらい」と言われてしまっている「アリサカ Mk.1」の良い点、悪い点を色々書いてみようかと思います。

 

 まずは悪い点...と言うか惜しかった点を挙げてみます

 

変えられない発射形態

 アリサカ Mk.1の人気が無い一番の理由と言えば、「3点バースト」だと思うのですが、どうでしょう?

 ※「そもそも3点バーストって何?」という方は、この記事の最後に説明があるのでそちらから読んでみると良いかもしれません。

f:id:JD000100:20170725100602j:plain

 非常に見づらいですが、矢印で示した部分によく見ると小さなツマミがあります。

 

 これはセレクター」と言って、このツマミを操作することで、発射形態を変更する為のものです。

 

 「セイフティ」、「セミオート」、「フルオートor3点バースト」の3つが選択出来るタイプが多いです(フルオートと3点バーストが両方選択出来るものもあります)。

 

 ゲーム画面では確認が困難なので、設定資料集の設定画を確認したところ、アリサカ Mk.1のセレクターは3つのモードが選択出来るタイプであることが分かりました。

 

 設定画も小さく、見辛かったので、虫眼鏡を持ち出して確認したところ、

判読不能な赤文字の箇所と、「1」と表記されている箇所、「A」と表記されている箇所が確認出来ました。

 

 常識的に考えて、赤文字の部分は「セイフティ」、「1」はセミオートとなるので、残った「A」が3点バーストのポジションになる訳ですが、これは大分違和感があります。

 

 「A」は通常「Auto(オート)」、つまりフルオートに割り当てられる文字です。

 

 「3点バースト」の場合、例えばアメリカのColt社では「Burst(バースト)」の文字、ドイツのH&K社では銃弾が3つ並んだ様なマークが描かれています。

 

 ...もしかして、デザイン段階ではフルオートで発射させる気だったりしたんじゃないですか、開発者さん?

 

 フルオートで撃てるアリサカ Mk.1の実装お願いします(´⊙ω⊙`)

 

 そんなことしたら、射程距離も威力もアリサカ Mk.1より低いEZ-カッツェ Iの立場が微妙になるのは分かってますが、アリサカ Mk.1の方がデザインが好みなんです(´・ω・`)

 

付いてるのに撃てないグレネードランチャー

(出演 ACC:ニーナさん)

f:id:JD000100:20170725090925j:plain

 少し銃器のことを知ってる方なら、アリサカ Mk.1の銃身下部にグレネードランチャーが取り付けられていることには気付いたことでしょう。

 

 この様に銃身下部に取り付ける形のグレネードランチャーを、「アドオン式グレネードランチャーと呼びます。

 

 もう1つの方式として、銃身の先端に取り付けて発射するタイプの「ライフルグレネード」というものもあるのですが、フリーダムウォーズには一切登場しないので、気になる方は自分で調べてください(´・ω・`)

 

 グレネードランチャーがどれか分からない方もいらっしゃると思うので、さっき貼り付けた画像で説明します。

f:id:JD000100:20170725091107j:plain

 紫色の矢印で指し示しているのが、アリサカ Mk.1に取り付けられたグレネードランチャーの砲口です。

 

 上の銃口から通常のライフル弾、矢印で示した部分からグレネードを撃ち出せるという優れものです。

 

 横に並んでるパルサーにも似たような部分(水色の矢印)があるのですが、見ての通り縦に1本つっかえ棒(?)的なものがあり、これではグレネードを発射出来ないので、グレネードランチャーではなさそうです。

 

 水筒でも入ってるんでしょうか(´⊙ω⊙`)

 

 ...冗談はさておき、設定資料集を確認したところ、「円筒形のモジュラータンク」だとの記載がありました。

 

 EZ-カッツェ IやHG-38/HV、捷龍のモジュラータンクは箱型でしたね。

 

 規格統一しましょうよ(´・ω・`)

 

 あ、「モジュラータンクって何?」と言う方は過去に書いた「万能武器EZ-カッツェ I」と言う記事の中で説明しているので、こちらを読んで頂ければと思います。

 

jd000100.hatenablog.com

 

 横道に逸れ過ぎましたが、つまり、唯一グレネードランチャーも付いている銃なのに、それが撃てないという可哀想な子なんです。 

 

 

 ここからはアリサカ Mk.1の優れたポイントの紹介です。

 

カッコイイ

 ...バカじゃないかとか言わないでください(´・ω・`)

 カッコイイって大事ですよ。

 カッコ悪い武器持って戦っても、テンション上がらないじゃないですか。

 

 そう考えると、SRって凄いですよね。

 カッコイイ、有効射程距離が長い、カッコイイ、美しい、カッコイイ、機動力が高い、カッコイイ...こんなに良いところが(´⊙ω⊙`)

 

 ...はい、すみませんでした。

 真面目に書きます。

 

有効射程距離がそこそこ長い

 よく比較対象に上がるEZ-カッツェ Iと比べてみましょう。

 Lv.10、有効射程距離アップのモジュラーが付いていない状態での有効射程距離が、EZ-カッツェ Iは26m、アリサカ Mk.1は52mとなっています。

 

 EZ-カッツェ Iの2倍の射程を持っているのです。

 

 これを考えると、EZ-カッツェ Iと比較すること自体がナンセンス(そもそもEZ-カッツェ Iはサブマシンガン、アリサカ Mk.1はアサルトライフルなのでジャンルが違う)です。

 

アリサカ Mk.1を使うなら、有効射程距離アップ、集弾性能アップのモジュラーを付けて、AIM力を磨き、相手の射程外から一方的に攻撃するのが理想ですね。

 

 相手の武器に射程で負けていたら...近接武器に持ち替えて特攻すれば良いんじゃないでしょうか(超適当)

 

 まぁ、この考えは、ある方の受け売りなんですけどね(笑)

 

 荊がある以上、簡単に距離を詰められるので、対人戦で使うのは難しそうですが、NPCやアブダクター相手なら、かなりの脅威となる性能を持っているのです。

 

 

 アリサカの魅力をたっぷり(?)お話し出来ましたから、最後に「3点バースト」という発射方式について少しお話しします。

 

完全に蛇足 でも書きたい

 そもそも、「3点バースト」のメリットは何なのか、それ以前に「3点バースト」って何なのかというお話しです。

 

 「3点バースト」と言うのは、引き金を引く度に3発ずつ銃弾が発射されるものです。

 

 ついでに他の発射形態も紹介しておきますね。

 

 フルオート:引き金を引いている間、銃弾が連続発射されるもの

 セミオート:引き金を引くと銃弾が1発だけ発射されるもの

 2点バースト:引き金を引く度に2発ずつ銃弾が発射されるもの

 

 この「3点バースト」が生まれたのは、ベトナム戦争時のアメリカ軍でした。

 

 新兵にフルオートで発射可能な銃器を持たせると、すぐに撃ち切ってしまう為に、弾代が余計に掛かる、敵に自軍の位置がバレてしまうと言った弊害が発生していました。

 

 命がけですから、しっかり狙いを付けて撃つなんてことが出来ないのは当然ですよね。

 

 しかし、フルオート射撃禁止」としてしまうと、戦力が大幅に下がりますし、「指切りフルオート射撃中、こまめに引き金を離し断続的に射撃する技術)しろ」なんて言ったところで、すぐに出来るわけありません。

 

 そこで考え出されたのが、「3点バースト」でした。

 

 発射数を「3発」としたのは、連続発射した際に1発目を発射した段階での狙点(狙っている場所)へと命中するのは3発までだとされているからです。

 

 

 軍としては、弾代を節約出来て、戦力が大きく下がる心配もない「3点バースト」は有難い機能だったことでしょう。

 

 ただ、3点バースト射撃をする為の部品が増えるので整備が面倒になるというデメリットが出ます。

 

 また、パニックを起こして引き金を引きっぱなしにしてしまう兵士も居たわけで、3点バーストの銃器で同じことをやってしまうと、3発発射した後は無害な的となってしまうという問題も引き起こしてしまった様です。

 

 こういう話を聞くと、戦場の残酷さが欠片くらいは理解出来ると思います。

 

 訓練された兵士でも戦場に出れば、正常な判断が出来なくなってしまうこともある訳で、当たり前ですけど、それだけ恐ろしい場所なんですよね。

 

 銃器=危ない、だから触れない、みたいな風潮がありますが、よく知りもしないで「怖い」、「危ない」と言うのも可笑しな話です。

 

 こういうリアルな話をした方が、余程恐ろしさが分かると思いますけどね〜

 

 脱線に脱線を重ねて、もう電車がヒックリ返ってるくらいだと思いますが、書きたいこと書いてスッキリしたので、後始末はせずに私は逃げます(´^ω^`)ノシ

 

 お付き合い頂いて、ありがとうございましたヾ(๑╹◡╹)ノ"