Miaの貢献日記

フリーダムウォーズのプレイ中に起きた事柄の紹介や、設定に関する考察(妄想とも言う)をツラツラと書いていきます

武器の作成について

今更感タップリですが諸事情により投稿します

 タイトル通り、武器の生産から威力の補正、強化、属性振り、モジュラー付与までの流れを纏めていきます。

 

 新しいSRを作ることにしたので、一緒に流れを追っていきましょうという記事ですヾ(๑╹◡╹)ノ"

 

STEP.1 武器の生産

f:id:JD000100:20170613134650j:plain

 まずは武器を生産します。

 プラントから武器が上がってきたら、「希少度」と「威力」を確認しましょう。

 

 「希少度」:これが高い武器ほど、付けられるモジュラーの数が多く、「希少度8」が最高値です。

 「威力」:Lv.1の段階では高ければ良いという訳ではなく、「成長タイプ」を判別する為に確認します。

 

 今回はこのSRを例にとってお話していきます。

f:id:JD000100:20170613145045j:plain

 希少度は見ればすぐ分かるので置いておいて、「成長タイプ」について簡単に説明しておきます。

 

 フリーダムウォーズの武器は、「晩成」「変則」「平坦」「早熟」という、4つの成長タイプに分かれています。

 

 「晩成」:Lv.10(最終強化)にした時点で、最も威力が高くなるタイプ。

 Lv.5辺りまでは中々威力が伸びませんが、後半で急成長します。

 赤点ばかりとって、追い込まれないと本気出さない子。

 本気出したら平然と通知表を「5」で埋め尽くす。

 

 「変則」:Lv.10にした時点で、2番目に威力が高くなるタイプ。

 威力の伸び方が安定せず、少し伸びたら次は大きく伸びて...という動きをします。

 よく補習受けてるけど、なんだかんだ進級する子。

 

 「平坦」:Lv.10にした時点で、3番目の威力が高くなるタイプ。

 Lv.1からLv.10まで一定の伸び方をします。

 赤点は取らないし、通知表に「1」や「2」は無いけど、「5」は取れない子。

 

 「早熟」:Lv.10にした時点で、最も威力が低くなるタイプ。

 Lv.5辺りまでは勢い良く伸びますが、そこから失速します。

 前期は成績優秀だったのに、途中で燃え尽きて学校辞めちゃう子。

 

 因みに私は早熟タイプにかなり近いです。

 (´・ω・`)...

 今のは忘れてください

 

 見ての通り、ストーリークリア後に武器を作るなら、「希少度8の晩成タイプ」を狙いたいところです。

 

 ではでは、実際の作業手順の説明に移ります。

 

 

 成長タイプの判別には、こちらのFREEDOM WARS 武器判別ツールを使いましょう。

 Google等で「フリーダムウォーズ 武器判別」と検索すれば、大体トップに表示されます。

 

 開いているツールが間違っていなければ、こんな画面が出ているハズです。

f:id:JD000100:20170613143549p:plain

 ツールを開いたら、次に「武器」の欄から生産した武器を選択します。

 今回は「SR-42/LA」ですね。

f:id:JD000100:20170613143750p:plain

 

 次は「レベル」と「モジュラー」を選択しましょう。

 

 「モジュラー」の欄は、生産した武器に「威力アップ」か「威力ダウン」のモジュラーが付いていた場合のみ選択します。

 「威力アップ」が付いていた場合は「+小」〜「+特大」のいずれか、

「威力ダウン」が付いていた場合は「−小」〜「−特大」のいずれかを選択します。

 

 「威力アップ」も「威力ダウン」も付いていないという場合は無視します。

f:id:JD000100:20170613144712p:plain

 今回作った「SR-42/LA」には、「威力アップ」も「威力ダウン」も付いてませんでしたからこうなります。

 

 最後に「威力」を入力しましょう。

 これは見たままの数値を入れるだけです。

f:id:JD000100:20170613145131p:plain

 

 すると、「威力」の下に、こんな表示が出てきます

f:id:JD000100:20170613145327p:plain

 今確認するのは、一番左端の「成長タイプ」というところです。

 「晩成」と出ていますから、この「SR-42/LA」は「希少度8の晩成タイプ」で大当たりという訳です。

 

 ここまで確認出来たら、次のステップに進みます。

 

 ※補足

 武器によっては、複数の成長タイプが表示される場合もあります。

 例えば、ザッカーで売っている「EZ-カッツェ I」です。

f:id:JD000100:20170613151245j:plain

f:id:JD000100:20170613150841p:plain

 これでは「変則」なのか「平坦」なのかわかりませんから、Lv.2に強化した際の数値に注目します。

 Lv.2にした際、「260」か「259」に威力が上昇すれば「変則タイプ」、「235」に上昇すれば「平坦タイプ」だと判断出来ますから、実際に見てみましょう。

f:id:JD000100:20170613151629j:plain

 「235」に上昇する様なので、この「EZ-カッツェ I」は「平坦タイプ」であるということになります。

 

STEP.2 威力の補正

 「希少度8の晩成タイプ」が生産出来たら、次は「威力の補正」を行います。

 

 さっきの画面をもう一度見てみましょう。

f:id:JD000100:20170613170141p:plain

 

 「タイプ内倍率(1〜21位)」という欄に「0.84(17位)」と表記されていますね。

 

 そう、「成長タイプ」だけでもややこしいのに、その「成長タイプ」の中にそれぞれ21段階の威力が存在するのです。

 

 つまり今回表示された「0.84(17位)」というのは、この「SR-42/LA」が「晩成タイプの中で17番目に威力が高い」という意味になる訳です。

 

 ...誰ですか、こんなややこしいシステム考えたの(´ーωー`)

 

 これを「晩成タイプ中1位の威力に補正」するというのが、ここで紹介する作業で、やり方はそこまで難しくありません。

 

 「成長タイプ中1位の威力を持つ武器」を素材に「強化したい武器」を改良すれば良いのです。

 

 この時使う武器は、「希少度8」でなくても構いませんし「晩成タイプ」である必要も、「同じ武器」である必要もありません

 

 要は「FREEDOM WARS 武器判別ツール」で、この表示が出る武器を使えば良いのです。

f:id:JD000100:20170613152227p:plain

 

 「希少度8」でも「同じ武器」でも「晩成タイプ」でもありませんが、ちゃんと機能する証拠になりますから、今回はこちらの「アリサカ Mk.1」を素材に改良します。

f:id:JD000100:20170613173428j:plain

 

 先ほどのツールで調べてみると、「早熟タイプ中1位」の武器でした。

f:id:JD000100:20170613173530p:plain

 

 それでは改良スタートです。

 まずは今回威力を補正する「SR-42/LA」を選択します。

f:id:JD000100:20170613173937j:plain

 次に、素材となる「アリサカ Mk.1」を選択します。

f:id:JD000100:20170613174215j:plain

 この順番を逆にしてしまうと、折角作った「希少度8の晩成タイプ」が素材にされて、消えてしまうので注意しましょう。

 

 回避策として、「希少度8の晩成タイプ」は「保護」しておくと良いです。

 「咎人管理メニュー(STARTボタンで開く画面)」の「所持品リスト」を選択し、保護したい武器が選択されている状態で「Lボタン」を押すと「保護」が可能です。

 

 保護された武器は「納品」と「武器改良時に素材にする」ことが出来なくなるので、忘れずにやっておけば、「うっかり」を防げます。

 

 これで改良が済むと...

f:id:JD000100:20170613174816j:plain

f:id:JD000100:20170613174823j:plain

レベルはそのままですが、威力が上がっているのが確認出来ますね。

 

 ではツールで確認してみましょう。

f:id:JD000100:20170613175010p:plain

 今回の様に改良した際、「威力アップ」や「威力ダウン」が付いた場合は、忘れずに選択しましょう。

 

 選択し忘れると、この様に成長タイプが変わった様に見えたり、「該当なし」と表示されてしまいます。

f:id:JD000100:20170613175316p:plain

 

STEP.3 強化

 特に説明する必要はありませんね(´・ω・`)

 ここまで整えたら、とりあえずLv.10まで強化します。

 今回はパラドクサ派生(紫)にしてみました。

f:id:JD000100:20170613180526j:plain

f:id:JD000100:20170613180533j:plain

 

 一応ツールで確認しておきます。

f:id:JD000100:20170613180701p:plain

 強化改修済みの武器(派生させた武器)の場合は、右上に出ている「派生」というボタンを押しておかないと、正しい結果が見れませんから注意しましょう。

 

STEP.4 属性振り

 私が一番嫌いな作業です(´・ω・`)

 派生させた武器の場合は「全属性値の合計が100まで」、無派生武器の場合は「全属性値の合計が50まで」属性を振ることが出来ます。

 

 ここでは、モジュラーの「〜属性アップ」を付けるのではなく、武器そのものの属性値を上昇させる手順についてお話しします。

 

 まずは、

「武器改良時に『素材にする武器』が属性付きだった場合、その武器の最も高い属性値の20%が『改良する武器』に引き継がれる」

という性質を利用して、属性を付ける方法です。

 

 まずは、ザッカーでLv.5の武器(ムラサメ Mk.9かEZ-カッツェ I)を購入し、付けたい属性の付く派生先に強化改修します(炎属性と氷属性については、「エゼルリング」、「クリーミー・スクリーミーJr」を利用するのも手です)。

 

f:id:JD000100:20170613183240j:plain

 

 今回は氷属性とWill'o属性に50ずつ振るつもりですので、Will'o属性が+30される、ペルタトゥルム派生を用いています。

f:id:JD000100:20170613183351j:plain

 この武器を用いて改良した場合、Will'o属性30の内20%がSRに引き継がれるので、Will'o属性値が6(30×0.2=6)上昇します。

 

f:id:JD000100:20170613183718j:plain

 ※氷属性も上昇しているのは添加資源によるものです。

 添加資源についてはこちらをどうぞ→武器プラント【改良】 - FREEDOM WARS フリーダムウォーズ 攻略Wiki

 

 面倒ですが、これを繰り返せば属性値をカンストさせることが可能です。

 ただし、資源に余裕があるのなら上記リンク参照の上、添加資源も併用した方が効率良いです。

 

STEP.5 モジュラー付与

 属性を振り終えたら、いよいよ最後にモジュラーを付けましょう。

 もう読み疲れましたか?

 大丈夫です、私も書き疲れました( ○ω○ )

 

 これで最後のステップですから頑張りましょう...

 

 属性振りの時に不要なモジュラーが大量に付いてしまっているハズですから、まずはそれを削除します。

f:id:JD000100:20170613190128j:plain

f:id:JD000100:20170613190138j:plain

 今回は運良く「装弾数アップ(特大)」が沸いてくれていたので、これだけ残しました。

 

 これしか方法が無い訳ではありませんが、私がいつも使っている手順を説明していきます。

 

 まず目的のモジュラーが1つ付いた「希少度2」の武器を、目的のモジュラーが1つ付いた武器(これは希少度がいくつでも構いません)を素材に改良し、更に添加素材でモジュラーを付けます。

 

 この武器を

f:id:JD000100:20170613190959j:plain

 

この武器を素材に改良し、f:id:JD000100:20170613191048j:plain

ついでにこれも添加しておくと、

f:id:JD000100:20170613191152j:plain

こんな武器が出来ます。

f:id:JD000100:20170613191302j:plain

 

 希少度2の武器を使う理由は、モジュラーが3個までしか付かないので、余計なモジュラーを沸かせることなく改良が完了するからです。

 

 それでは、上で作った武器を素材にSRを改良しましょう。

 SRを

f:id:JD000100:20170613191657j:plain

この武器と、

f:id:JD000100:20170613191711j:plain

この資源で

f:id:JD000100:20170613191722j:plain

改良!

f:id:JD000100:20170613191730j:plain

 

 色々と余計なものが付いてるのを分かって頂けるかと思いますが、これが咎人や二級市民にとって最強の敵である「ストレスメーカー シンキモジュラー」です(´・ω・`)

 

 ...はい、「新規モジュラー」ですね。

 

 武器改良した際に空いている枠があると、頼んでもいないのに沸いてくる困ったちゃんです

 

 こんな困ったちゃんは、さっさと消してしまいましょう。

f:id:JD000100:20170613193218j:plain

 次はこの武器で改良します。

f:id:JD000100:20170613193235j:plain

 ここで素材となる武器にモジュラーを2つしか付けていないのには理由があります。

 

 「希少度8の武器の場合、継承、保持※されるモジュラー数は7個まで」という性質があり、この武器に3つのモジュラーが付いたまま改良を行った場合、さっき付けたモジュラーが幾つか消えてしまう可能性があるのです。

 

 ※「継承」とは、「素材となる武器」からモジュラーが引き継がれることで、「保持」とは「改良する武器」からモジュラーが引き継がれることです。

 

 つまり、

「改良したい武器のモジュラー数」+「素材となる武器のモジュラー数」=7個以内

の条件で改良しないと、せっかく付けたモジュラーが「新規モジュラー」に消されてしまう可能性が高くなります。

 

 これはセレニウム等の「継承、保持されるモジュラー数を指定出来る添加資源」を用いて改良を行った場合にも作用しますので、要注意です。

 

 少し注意事項の説明が長くなってしまいましたが、こちらが改良結果です。

f:id:JD000100:20170613194239j:plain

 見事に要らない新規モジュラーが沸いてくれました( ○ω○ )

 

 この改良をする際に、継承、保持されるモジュラー7個+添加資源で1個のモジュラーを指定して、希望モジュラー8個に出来たのですが、そうなっていない理由は後でお話しします。

 

 そこまで武器の性能にこだわらない方は、

「改良したい武器のモジュラー数」+「素材となる武器のモジュラー数」=7個

この条件を整えてから、

添加資源でもう1つモジュラーを付けて、希望モジュラー合計8個にし、最後に不要なモジュラーを消して終了にしてしまって問題ありませんし、十分強いです。

 

 ここからは、完全に蛇足ですから読まなくてもOKです。

 

STEP.5+α 限界突破

 やらなくても良いことなので「+α」としました。

 

 「限界突破」とは、いかにも面倒臭そうですよね。

 

 同種のモジュラーを1つの武器に重複させられる数には上限があるのですが、これを超えて同種のモジュラーを重複させることを「限界突破」と呼んでいます。

 

 

 あるモジュラーを重複させられる数の上限まで付けておいて、添加資源で更に同種のモジュラーを付与することで、稀に上限を超える数のモジュラーを付けることが出来るのです。

 

  同種モジュラーの上限についてもこちらに載ってます→武器プラント【改良】 - FREEDOM WARS フリーダムウォーズ 攻略Wiki

 

 例

1.「威力アップ(特大)」と「威力アップ(大)」が付いている武器を改良する際に、「ウィルオナイト中純度(「威力アップ(中)」が添加される資源)」を添加して、「威力アップ」は2個が上限のところを、「威力アップ(特大)」と「威力アップ(大)」、「威力アップ(中)」の3個を揃える。

f:id:JD000100:20170616095744j:plain

 

2.「装弾数アップ(特大)」が付いている武器を改良する際に、「天然グラファイト高純度(「装弾数アップ(大)」が添加される資源)」を添加して、「装弾数アップ」は1個が上限のところを、「装弾数アップ(特大)」と「装弾数アップ(大)」の2個を揃える。

f:id:JD000100:20170616095830j:plain

 

f:id:JD000100:20170613194239j:plain

 先程お見せした、この改良結果は、装弾数アップ(特大)が付いている状態で、更に「装弾数アップ(大)」を付けようとして失敗したので、希望モジュラーが7個だけになってしまったという訳ですね。

 

 成功すると、こんな感じになります

f:id:JD000100:20170613222757j:plain

 「装弾数アップ」が2個付いてくれました。

 

 後は、「怯みダメージダウン(大)」を消して...

f:id:JD000100:20170613223013j:plain

f:id:JD000100:20170613223022j:plain

 完成! 

 

 限界突破はかなり成功率が低いので、恩赦Pに余裕のある方PS+会員の方以外はやらない方が良いです

 

 

 

 やっと書き終わった( ○ω○ )

 

 過去最長の記事なのに、フリーダムウォーズを今もやっている方ならほとんどがご存知のハズなので、書いてて虚しくなるのは確かな訳でして...

 

 ともあれ、お付き合い頂いてありがとうございました(๑ー◡ー)ノ"

 

 !追記

 6/16