Miaの貢献日記

フリーダムウォーズのプレイ中に起きた事柄の紹介や、設定に関する考察(妄想とも言う)をツラツラと書いていきます

私の先生

私のプレイスタイルを決定付けたスナイパーさん

 一応、毎日ブログ更新出来ていますが、「実際の貢献に関する記事が一個も無い」という状況は流石にマズいかと思うので、貢献について書いてみます。

 

 今回は、「Shazなスナイパーさんとの貢献活動についてのお話です。

f:id:JD000100:20170509141132j:plain

 

 簡単にご紹介しますね(๑╹◡╹)ノ"

 この方はSR-42/LA系統の銃と治療性荊をメインに使ってらっしゃいます。

  • SR-42/LAに限らずQSを使いこなす
  • 仲間が被弾すると、すぐに治療性荊を用いて回復する
  • チャットで頻繁に声掛けを行い、部屋の雰囲気まで明るくする

 つまり、「攻撃」、「支援」、「コミュニケーション」の3拍子が揃った、共闘民の鑑を体現した様な方です。

 

 元々私は近接武器と防御性荊をメインに使っていたのですが、この方の立ち回りに憧れて、今ではSR-42/LA系統の銃に治療性荊を装備して、何とか追い付こうと練習しています(^^;;

 

 さてさて、ご紹介も済みましたから貢献の様子をお伝えしていきます。

 

 まずは、私が最も楽しかったと思っている貢献の様子です。

  2人でプ307号作戦※に出てくる「αC型眩耀(ラディアン)」を

  • シールド破壊禁止
  • ドラッグダウン禁止
  • SR/42-LA系統の銃以外使用禁止
  • アクセサリとNPCは待機

という縛りでの攻略しようというものです。

 

 シールドを破壊しなくても、触鎖の目玉部分には銃撃が通るので、そこを狙うことになります。

 なので、触鎖が全開放されてしまった場合は、シールドを破壊し本体を攻撃することになります。 

f:id:JD000100:20170509160251j:plain

 

 

 ※一応補足するとプ307号作戦は、

 初めにT型深淵(アビス)が3体登場

    ↓

 全滅させるとS型宵闇(ダスク)が2体登場

    ↓

 全滅させると、αC型眩耀(ラディアン)が1体登場

    ↓

 一定ダメージを与えると、αC型眩耀(ラディアン)がもう1体登場

    ↓

 全撃破でクリア

という流れのボランティアです。

 初めて見た時は開発者さんの正気を疑いました

 

 

f:id:JD000100:20170509155944j:plain

 

 一体目は触鎖が全開放される前に削り切れました♪( ´▽`)

 チャットから、私達の喜びっぷりをお察し頂けると思います(笑)

 

 2体目は触鎖を全開放されてしまったので、仕方なくシールドを破壊し本体を攻撃しました。

f:id:JD000100:20170509160008j:plain

 

 この時点でもう瀕死でしたから、ものの数十秒でお亡くなりになりました(-人-)合掌

 

 戦闘中に固まって行動していると一緒に攻撃に巻き込まれて、2人揃って戦闘不能という結果になるのは目に見えてますから、離れて行動します。

 しかし、熟練の治療性荊使いさんは危ない場面でしっかり回復してくださるので、1回も戦闘不能になることなくボランティアが終了しました♪( ´▽`)

f:id:JD000100:20170509160056j:plain

 

 お互いに回復し合うのも、なかなか素敵ですねヾ(๑╹◡╹)ノ"

 

 お次は、特に縛りなしでシ101号作戦を攻略した時の様子です。

 縛りなしの筈が、しっかり私の装備に合わせてくださってました(笑)

 2人共、SR-42/CustomとL6E-1/Custom装備です。

 

f:id:JD000100:20170509153532j:plain

f:id:JD000100:20170509153534j:plain

 

 槍投げも合わせてくださいます。

 

f:id:JD000100:20170509153535j:plain

 

 使い所が難しいですが、L6E-1の強攻撃チャージ技も揃うと良いものですね( ^^)b

 

 この時は、練習し始めたばかりでSR-42/LAに全く馴れていない私に合わせて、槍メインで戦ってくださってました。

 こういう気遣いがカッコイイのです(≧∇≦)

 

 最後には、二級市民の遊び場(?)アーベルさんのお宅に殴り込みをかけた時の様子です。

 

f:id:JD000100:20170509154330j:plain

 

 完全にナメてます

 私達が捕縛性荊を装備していく数少ないボランティアです(笑)

 

 初めてお会いした時に、残影とクリーミースクリーミーを持って同じボランティアに行ったので、思い出を再現してみようと言う訳でここにしました。

 

f:id:JD000100:20170509155115j:plain

 

 残影のチャージ攻撃が揃うと映えますね。

 

 発売から3年が経とうとしている作品ですが、まだまだ楽しめる、やり込めるところは残っているハズです。

 これからもShazな貢献を求めて、「レッツ貢献!」です( ´ ▽ ` )ノ

 

 今回の記事はここまでです。

 最後まで読んで頂いて、ありがとうございましたヾ(๑╹◡╹)ノ"