Miaの手記

フリーダムウォーズの世界を伝える手記

フリーダムウォーズの世界観

ファンタジー的要素も持っているフリーダムウォーズ

 

 注意!

 この記事にはストーリーに関するネタバレが含まれていますので、ストーリークリア後の閲覧を推奨します。 

 問題ないという方(ほとんどの方がそうだと思いますけど)は、読み進めてみてください(๑╹◡╹)ノ"

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 では、本題に入ります。

 公式設定資料集を読んでいると、思わず3度見してしまう様な設定を見かけることがあります。

 前回記事にした「SR-42/LAの動作方式」もその1つです。

 

 今回は、私が特に面白いと感じた設定を、考察(妄想)交えつつ書いていこうと思ってます。

 

1.サイモンから渡されるエクソダス

  あくまで私の考察(妄想)ですが、正式には「即時術式擬似ミストルティン三型」という名称だったと思われます。

f:id:JD000100:20170505230831j:plain

 

 下に設定資料集の文言を抜粋します。

 

 「『擬似ミストルティン三型』

 原初の堕落者※が持つという槍を模したもの。

 非常に強力だが、一度行使するとその力を失う。

 正式名称は「即時術式擬似ミストルティン三型」。」

 

 ※原初の堕落者=サイモンというのは設定に明記されています。

 

 あのエクソダスだと明記されている訳ではありませんが、「槍を模したもの」で「発動は一回きり」というところに注目すると、あのエクソダスしかないですよね。

 

 一瞬でシルヴィアと青いディオーネを無力化するなんて、プラントで作れるエクソダスの性能じゃ有り得ませんから。

f:id:JD000100:20170505230912j:plain

 

 より正確に言うなら、「サイモンから渡されたエクソダスに掛けられていた正体不明の力」が「擬似ミストルティン三型」の正体じゃないかというお話です。 

 

 天獄の正体と目的

f:id:JD000100:20170505231159j:plain

 

 彼らはこの世界の人間ではありません

 「別世界からやってきた」という設定があります。

 

 設定資料では、フリーダムウォーズの舞台となっている世界を「A世界」天獄勢力が元々居た世界を「Z世界」と仮に呼んでいるので、この記事でもそのまま使います。

 

 天獄勢力はZ世界において、本編はおろか設定資料にも名前が登場しない「謎の勢力」と戦っていました。

 

 その闘争の最中「第9の厄災」なるものが発生した結果、天獄勢力はA世界へ、謎の勢力はZ世界とA世界の境界を彷徨い続ける羽目になったそうです。

 

 その天獄勢力(その主流派)の目的」についても触れておきましょう。

f:id:JD000100:20170505231323j:plain

 

 下に天獄の目的について、資料集の内容を要約してみました。

 2つあるので意味を考えてみます。

 

 ⭐︎「天罰」を下す目的

 「失われた神を取り戻す方策を探る為に、Will'oを回収する。」

 

 ⭐︎最終目的と思われるもの

 「人間の創造力を元とした『至高存在』の再現。」

 

 おそらく、「神」と「至高存在」というのは同一のものと考えて良いのかなと思います。

 

 となると、「神を取り戻す」と「至高存在の再現」というところも繋げられそうなので、完璧にイコールでないにしても「ほぼ同義」と解釈しても問題無さそうですね。

 

 ここで出てくる疑問点は、「目的達成の為にWill'oが必要」というところです。

 天罰の規模を見る限り相当な量が必要みたいですよね。

 

 ここまで考えて、私なりに2つの仮説を立ててみました。

 

 まず1つ目。

 天兵に限らず、敵が出現する瞬間を思い出してみてください。

 突然ワープしてきたかの様に現れますよね。

 

 「ゲーム上仕方無く、ああいった表現にした」なんて言うメタいことを考えなければ、出現の瞬間に発生する青白い光から見ても、Will'o技術を用いた転送なのではないかと思うのです。

 

 さらに言えば、リスポーンした後にアクセサリが「転送を完了しました」と言ってますし、武器が瞬時に手元に現れるのはWill'o技術によるものだと、設定に明記されています。

 

 つまり、「Will'o技術を応用すると転送(=ワープ)出来る」のではないかという訳です。

 

 前置きが長くなり過ぎましたが、この技術を応用して「元々いたZ世界に帰ろうとしてるのではないか」というのが1つ目の仮説です。

 

 「神を取り戻す」、「至高存在の再現」という部分をカバー出来ていない様に思えますが、「自分たちが信じている神が居る世界へ還る」と解釈出来るのではないでしょうか。

 

 2つ目です。

 これは設定に明記されていることなんですが、「Will'oとは意志を持った電気信号」だとされています。

 

 つまり、「Will'oの回収=意志の回収」と言えます。

 可能かどうかは分かりませんが、大量のWill'o(=意志)を集めて1つに纏めれば「あらゆる意志の総体」の様なものが出来ると思うんです。

 

 これは「神」のイメージに近くありませんかというのが、2つ目の仮説です。

 

 まあ、「そんなもの作って何がしたいのか?」という疑問を生みますけどね。

 

 

 では、今回はこのくらいにしておきます。

 他にも面白い設定はあるので、探してみては如何でしょうか。