pixivというものに手を出してみた

自己満足の極み

 どうも、Miaです。

 

 突然ですが、pixivというものを始めてみました。

www.pixiv.net

 

 元々絵を描くのは好きでしたが、フリウォ界隈には素敵な絵を描く方が既に居たので、あまり表に出すことはありませんでした。

 

 ただ、私の画風(?)が他の方とは大分違ってる様で、それを好きだと言ってくれる方が居たので、思い切って投稿してみました。

 

 もっとも、デジタルで絵を描ける様な立派な機材は持っていないので、鉛筆やボールペン(主にボールペン)で描いた質素な絵ばかりなんですけどね。

 

 全部ここに貼ってしまうとpixivにアップした意味がよく分からなくなってしまうので、気に入っている1枚だけを貼っておきます。

 

 興味を持ってくれた方はpixivの方も覗いてみてください。

f:id:JD000100:20180418052654j:plain

 こちらはボールペンのみで描いたものです。

 

 なんだかんだ一番苦労したのは、ウィルオードライブ(背中に装備している黒い箱)の文字やバーコードだったりしました。

 

 では、今回はここまでです。

 報告だけなので短めでしたが、お付き合いありがとうございました。

ディオーネについて

異質な天獄アブダクター

 どうも、Miaです。

 今回はディオーネのお話をしてみます。

f:id:JD000100:20180331171620j:plain

 

 フリーダムウォーズに登場する天獄アブダクターは3種類、「コウシン」、「パラドクサ」、「ディオーネ」ですが、この3体を並べてみると、どうも違和感があります。

 

 ディオーネだけ妙に生物感が強いんですね。

 

 皮膚の質感や尻尾の切断面等、元々こんな生物が存在していたかの様な印象を受けます。

f:id:JD000100:20180331170923j:plain

f:id:JD000100:20180331165721j:plain



 また、天獄アブダクターであるはずのディオーネが、幽界深淵(煉国の兵装庫と言われている場所)に存在するという話もありますし、どうも他の天獄アブダクターとは一線を画している様です。

 

 唯一地上勢力に鹵獲されていないのも気になりますね。

 

構造に見られる異質さ

 ディオーネの設定画を見ると、随分奇妙なことが書かれています。

 

 翼の模様についての記述なんですが、「メカと生体の強制融合による弊害が模様として現れている。」とあります。

f:id:JD000100:20180331173158j:plain

  コウシンにもパラドクサにもこんなものはありません。

 

 また、Will'o繊維の使用量が明らかに少ないのもディオーネの特徴です。

 

 Will'o繊維とはコウシンの装甲の隙間や、パラドクサの脚の切断面に確認出来る金色の繊維質です。

f:id:JD000100:20180331174502j:plain

f:id:JD000100:20180331175919j:plain

 これは生物で言う所の筋繊維であり、編み込むことで擬似的な筋肉を再現している訳です。

 

 ディオーネの場合、尾の切断面にこのWill'o繊維らしきものが確認出来るのですが、Wその周りにはまるで本物の生物の様に筋肉があり、骨がある様に見えます。

 

 これらを考え合わせると、ディオーネ製造方法からして他の天獄アブダクターとは違うのでしょう。

 

ディオーネは一体何なのか

 他の天獄アブダクターと違うということは分かったので、その正体について続けて考えてみます。

 

 考えていく中で、3段階に考察が分かれたので、同様に3段階に纏めてみました。

 

1.現存する最古の天獄アブダクター

 最も無難な考えに思います。

 

 コウシンやパラドクサには「全身が金属質の外殻に覆われている」、「全てWill'o繊維で構成されていると思われる駆動部分」という共通点がありますが、ディオーネは明らかに違います。

 

 人工物で生物を再現しているコウシンとパラドクサ、生物と機械を無理矢理くっ付けて2で割った様なディオーネ

 

 技術的な問題で無理のある設計になったのではないか、という考えですね。

 

 逆に最新型のアブダクターで、試作品に近い性質のアブダクターなのではないかとも考えましたが、運用しているのが天獄である以上、それはあり得ないと思うのです。

 

 天罰が、宙に浮かぶ天獄から天獄アブダクターと天兵が降りてきて略奪の限りを尽くすという性質のものである以上、「空中を移動できる手段」が無ければ始まりません。

 

 他に飛行手段らしきものが見当たらない上に、実際シルヴィアは青いディオーネに乗って現れましたから、天獄と地上間の移動手段にはディオーネが使われている筈で、ディオーネが居なければ天罰は始まらないと言えます。

(コウシンも一応宙に浮くことはありますが、あれが飛行能力と言えるかは微妙なとこだと思います。)

 
2.天獄がZ世界での争いに使っていた兵器をアブダクターに改造した。

 天獄最古のアブダクターだという考えから派生した考察です。

 

 Z世界についてはこちらの記事で説明しているので、知らない方は読んでみてください。

jd000100.hatenablog.com

 

 ディオーネが生物に無理矢理機械を組み付けた様な設計になっているという話は既にしましたが、何故そんな面倒なことをするのかが分かりません。

 

 そこでディオーネをよく観察してみたのですが、鳥籠のある胴体がほぼ機械で構成されていることに気付きました。

 

 アブダクターをアブダクターたらしめている鳥籠が、何故取って付けた様な機械部分に含まれているのか。

 

 納得のいく説明があるとすれば、元々鳥籠を付けて設計していなかったからではないでしょうか。

 

 資源が枯渇しているのはA世界だからであって、Z世界での争いは資源や人材の争奪戦ではなく、純粋な殺し合いだった可能性もある訳です。

 

 戦争の原因としては思想の対立、領土の奪い合い等が考えられますね。

 

 更に、ディオーネにはもう1つ機械部分の目立つ部分があります。

 二股に分かれた尾です。

 

 この尾を用いてアクセサリを捕獲、鳥籠にそのまま放り込むという迷惑な技を持っている訳ですが、アブダクターにとって重要な捕獲を行う装備が後付けの機械部分と言うのは、なんともおかしな話に思います。

 

 アブダクターに必要不可欠な要素、鳥籠と捕獲機能が揃いも揃って機械部分な訳で、元々アブダクターとして設計してましたという方が無理な話ですよね。

 

3.ディオーネ本体がそもそも人工物ではなく生物

 Z世界で天獄が使っていた兵器を改造したというとこまで考えて、兵器にしては造形が凝りすぎているというか、まるで生物そのものと言っていい外見に違和感を覚え、そもそも誰かが作った訳ではなくて、こういう生物がZ世界には居るのではないかと考えるに至りました。

 

 突拍子もないことを言っている様に思えるかもしれませんが、生物、或いは限りなくそれに近い物を1から作ると言うのがどうも非効率的だと思うんですね。

 

 かつて人類がそうしていた様に、既に存在する生物を利用して戦うということを天獄も行っていたのではないかと考えるのは自然な流れではないでしょうか。

 

 現実に生物へ機械を組み付けて遠隔操作をする等の研究は行われていますし、天獄が同じことをしていてもなんら不思議はない訳です。

 

 地上勢力に鹵獲、運用されている個体が存在しないのも、これが理由ではないでしょうか。

 

 元が生物だけに、天獄の高度な技術があって始めて運用出来るものなのかも知れません。

 

 以上がディオーネの正体に関する私の考えです。

 

幽界深淵にディオーネが居る理由

 ディオーネそのものについての疑問とは別に、これも説明が付かず悩んでいた問題です。

 

 実際に目にすることは出来ませんが、幽界深淵にはペルタトゥルムやディオーネが封じられており、幽界深淵は煉国の兵装庫と言われているという話があります。

 

 何故天獄が運用しているディオーネが、煉国の兵装庫に存在するのか。

 何故天獄はサイモンをそんな場所に幽閉出来たのか。

 

 疑問が絶えない話なのですが、唯一思いついたのは、元々天獄が利用していた幽界深淵に、サイモンが煉国を呼び寄せて、天獄が手を出せない様にしてしまったという考えです。

 

 あそこにいるディオーネは、サイモンの脱走を阻止する為、また別の勢力から守る為に天獄により付けられていた看守の様なものだったのではないでしょうか。

 

 そうでも考えなければ、天獄アブダクターと煉国アブダクターが両方保管されている場所など存在し得ない筈ですから。

 

 まんまと煉国を呼び寄せることに成功したサイモンは、「柩の種」を用いて自らの軍団作りを始めたのでしょう。

 

 彼が語った通り、その目的は天獄の打倒」であり、煉国まで利用して動き出したと考えると恐ろしい人物ですよね。

 

 煉国も煉国で、天獄を滅ぼして地上の覇権を握りたいと考えている様なので、サイモンに手を貸す動機は持っています。

 

終わりに

 ずっと感じていた疑問に自分なりの答えを出すことが出来て満足しました。

 

 言うまでもないでしょうが、これはあくまで私の考察であり公式設定ではありません。

 

 公式設定を元に疑問への答えを捻り出してみただけですから、他の考え方もあるでしょうし、矛盾点が見付かるかも知れません。

 

 もし何かご意見あれば、コメントをお願いします。

 

 では、お付き合いありがとうございました。

マイブーム的な何か

武器が好きならやってみる価値あり?

 どうも、Miaです。

 

 最近しょーもない遊びを考え出して、意外にもハマってしまったのでなんとなく紹介してみます(雑

 

 フリーダムウォーズに登場する武器って結構ディテール凝ってるのに、間近で見られないのが残念だと常々思ってたんですね。

 

 アクセサリに好きな武器持たせて、カメラを調整すれば間近で見られますが、どうせなら「武器だけ」を見たい。

 

 そこで頑張って編集で切り出して、アクセサリの手で隠れている部分をあの手この手で復元して、武器のみのドアップ画像を作ってみました(暇人の極み)

 

 結構手間掛かるので、まだ3枚しか無いんですけどね。

 

 まずは愛剣のダマスカスナイフから。

 刃に浮かぶ紋様が美しいです。

f:id:JD000100:20180329202101j:plain

 これだけなんかコメント的なものが入ってますね。

 

 「幻想を打ち破るのも、また幻想である。」

 これはダマスカスナイフを作っている「Dead Channel」と言うメーカーの思想です(公式設定)。

 

 Dead Channelの武器職人達は元々Plusに所属していたんですが、天獄天獄アブダクターを始めとする、まるで魔法の様なウィルオー技術を目にして、それを打破する力が必要だと考え、この思想に至ったそうです。

 

 しかし、この思想は先進技術で固めた兵器を売りにしていたPlusにとって到底受け入れられるものではなく、結局両者折り合いがつかずに一部の職人達がPlusを離れ、Dead Channelを立ち上げるに至りました。

 

 Plusは唯一の公的企業(PTから資金援助を受けられる企業)ですから、そこに居れば生活安泰だったでしょうに、信念を貫く為にその立場を捨てたというのはなかなか響くものがありますね。

 

 その思想のせいか、Dead Channelの作る武器は癖の強いものが多く、立ち上げたばかりの頃はなかなか受け入れられなかった様ですが、その魅力に気付いた咎人達の間で評判になり、広く使われる様になったそうです。

 

 お次はバーバラ’s・イージーギアです。

f:id:JD000100:20180329202114j:plain

 なぜバーバラ?と言われそうですが、実は最近これを持って対人戦をするのにハマってるってだけです。

 

 バーバラ’s・イージーギアは「HandMate」が作る、銃と言うより工具から発展した様な性質の武器です。

 「リベットガン」と言う工具があるんですが、これによく似ています。

 

 火薬は用いずガス圧で鉄針を射出しているそうで少し異質な武器と言えますね。

 

 HandMateは元々武器を作っていた訳ではなく、かつては調理器具や生活雑貨のリサイクルメーカーでした。

 ハッピーチョッパーなんかが特にそうなんですが、妙に手作り感のある武器が特徴的ですね。

 

 このメーカーのあったPTは規模が小さく、紛争が激しくなるにつれて武器メーカーに転向せざるをえなかったそうです。

 ボランティアを家事仕事と皮肉って、日用品の名前をそのまま武器に付けているという強かな面があったり、なかなか素敵なメーカーじゃないでしょうか。

 

 プラント1区画で完結する程小規模なメーカーで、その小規模生産の強みを生かし、初心者でも成果を上げられる工夫をすることで生き残ってきたそうで、バーバラ’s・イージーギアの初心者救済武器的な面はその設定をしっかり反映してますね。

 

 最後は「捷龍」です。

f:id:JD000100:20180329202128j:plain

 使ってみたいですね。

 アップデートはまだでしょうか。

 

 名前から考えて、「PROTOTYPE」の武器でしょうね。

 

 PROTOTYPEは装甲兵器用武装専門のメーカーだそうですが、なぜハンドガンを作ってるんでしょうか。

 対装甲拳銃って新ジャンル過ぎませんか。 

 

 対人戦闘ばかりだった過去のPT間紛争では注目されなかったPROTOTYPEの武器ですが、アブダクターの登場により脚光を浴びました

 

 

 これにより一気に需要が跳ね上がった為、試作レベルで製造していただけの武器を急遽量産化する運びとなり、武器の名称はPROTOTYPE製武器の愛用者達が付けた愛称をそのまま採用したというエピソードがあります。

 

 自分で使えないからこれくらいしか書くことが...

 PROTOTYPEさんごめんなさい。

 

 オマケにもう1枚貼りますが、血が苦手な方は見ない方が良いかも知れません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これくらい空けとけば大丈夫ですかね。

f:id:JD000100:20180329215833j:plain

 現場に落ちてた凶器感

 

 実際使った後ってこんな感じなんだろうなと。

 ダマスカスナイフ特有の紋様を消さないようにしたくて、少し苦労しましたが、なかなか良い出来じゃないでしょうか。

 

 では今回の記事はこれでおしまいです。

 

 お付き合いありがとうございました。

毒びーむ

迷走の極み

 2ヶ月近く放置してやっと更新するんですが、フリーダムウォーズとの関係は薄いですし、思いっきり毒吐くつもりなので読まない方が良いです。

 

 気持ちの整理って意味で書いてみただけなので、悪しからず。

 

人付き合いが面倒

 いきなり何かって話ですが、最近特に強く思うことなんですね。

 以前持っていたTwitterアカウントは、これが原因で消してしまいました。

 

 連絡用に持ってるアカウントが1つありますが、鍵掛けて引きこもってます。

 

 人付き合い全てが面倒と言うよりは、特に意味を感じない馴れ合いが多くて疲れるって言った方がより正確なんですが、そう言うのが多い気がするんですね。

 

 「やってみたら楽しかったパターン」を期待して輪に入ってみたりもしましたが、案の定楽しくはないし、その様を思い返すと非常に気持ち悪い。

 

 それで何のフィルターも通さずに、言いたいことを何の遠慮も無しに言ってましたが、言ったら言ったで面倒事になって鬱陶しいので結局消したんですね。

 

 消したら消したで文句を言われるし、本当に理解出来ませんね。

 

 わざわざ鍵かかってる方のアカウントを覗きに来てる人も居ますし、率直に言って気持ちが悪い。

 

距離感

 誰が誰と仲良くしたって私の知ったことじゃないので勝手にすれば良いんですが、それを周りにアピールしたがるのがよく分からないんですね。

 

 さして興味がない人に馴れ馴れしくされるのも良い気はしませんし、距離感は大事にしたいものです。

 

 現実にも居ますよね、こう言う人。

 「飲みニケーション」とか言うゴミみたいな言葉もありますし、群れてないと落ち着かないんでしょうか。

 

 孤高を気取りたい訳じゃないですが、辟易しますね。

 

自分で考える、調べると言う手順を踏めない人

 オンラインに行くと、このブログを読んでくれている方から突然、「〜を教えて!」なんて言われることがあります。

 

 読んでくれるのは嬉しいですが、既に記事にした内容を教えてと言われても「読んでください」としか言えません。

 読んだ上で分からないことがあるなら、それがどこなのか明示した上で訊いてくれなければ教え様がないので困ります。

 

 QSの様なものはともかく、ゲーム内のチュートリアルを読むなり、少し自分で動かしてみるなりすれば分かる様なことを訊きに来る方も居ます。

 

 初対面でないにしても、さして仲良くもない私に何を期待してるんだろうと思います。

 

大口を叩いて恥を掻く

 ゲームについて書いているブログなので、一応ゲームでの例えを使いましょうか。

 

 私は少なくとも、「下手」と言われない程度の平均的なゲームの腕はあると思ってます。

 ただ、「上手い」、「強い」とは思っていないので、訊かれない限りはアドバイス染みたことを言いません。

 思い上がってる様で好きじゃないのです。

 

 私が居るのはどうもそうでない方が多い環境の様で、訊かれてもいないのに上級者気取りで語り出す残念な方をよく見ます。

 

 後で恥掻くことになるでしょうし、見ていて気分の良いものでもない、そういう方に限って間違った情報を信じている場合が多いのもどうかとも思いますね。

 

 現実世界で言うなら、大して仕事が出来る訳でもないのに自信満々でウザがられてる会社員の様です。

 

 惨めですね。

 

終わり

 毒吐くだけ吐いて、別に纏める気も無いというダメ筆者の鑑。

 

 私はそんなに良い人じゃないですよと理解して貰えればそれで良い感はありますし、それは十分伝わったでしょうから良いんじゃないでしょうか(投げやり)

 

 

 では、毒吐きに付き合って頂いてありがとうございました。

大消失とは?

原点回帰してみる

 お久しぶりです、Miaです。

 

 このブログって、本来は「私が気になったフリーダムウォーズに関する設定について考察し(妄想の限りを尽くし)て、それを垂れ流す場所」にしたかったんですね。

 

 それがどうでしょう、対人ボランティアについて書いてみたり、QSや武器作成の解説をしてみたりと、なんか変な方向に行ってます。

 

 これはいけない

 

 いや、「参考になりました!」とか言ってくれる方が居るのは事実ですし、嬉しいですし、書きたくない訳じゃないんですよ。

 

 ただ、一番やりたかったことを疎かにするのってどうなの?ってことで、今回は気合入れて妄想をブチまけます。

 

 需要ないのは承知の上だから、ツッコミは要りません('ω')b

 

 

大消失について

 ようやく本題ですが、本編でも語られていた「大消失」という事件。

 

 何があったのか気になりません?なりますよね?ね?

 気にならないって方はフリウォ愛が足りないので、再教育受けてきてください。 

 

 今回はこれを考察(妄想)してみます。

 

 妄想を垂れ流す前に、「大消失」について簡単に説明しますね。

 

f:id:JD000100:20180119185836j:plain

 大消失

 12年前のPT紀元10万202年、ある地域で起きた事件。

 人間を成り立たせているウィルオーの意味信号が大域一斉消失し、7分13秒間に350万人もの人間がロストした。

 原因は人為的とも自然発生的とも、大規模な天罰とも言われているが、未だ明らかになっていない。

 

 その被害は複数のPTに及び、中心となったニライカナイPTが強大な勢力を持っていたこともあり、世界的なパワーバランスが崩壊、副次的なPT同士の紛争による犠牲者は総人口の4割以上と試算されている。

 現在生き残っている人々のほとんどが、多かれ少なかれ影響を受けた事件である。

 

 当時ニライカナイでは「柩」の軍事転用実験が行われていた。

 ある時、実験が失敗し、意図せず煉国への扉が開いてしまう。

 その際に煉国から漏れ出したエネルギーが、大消失の原因となった。

 

 ※公式設定資料集「La Vie En Rose」より抜粋

 

 超詳しく書いてありました

 さすが公式設定資料集です。

 

 これ読めば概要は把握出来るので、私がクドクド説明しなくて良いですね。

 やった楽できr(殴

 

f:id:JD000100:20180119200401j:plain

 あ、1つ補足するなら、アーベルさんは大消失の生き残りです。

 

 

妄想垂れ流しタイム

 大消失に関する私の疑問は、大きく分けて2つです。

 

1.具体的にどう言った被害が出たのか

2.ペルタトゥルム型アブダクターが大消失の現場でどの様な役割を担ったのか

 

 

1.具体的にどう言った被害が出たのか

 まずは被害について考えてみましょう。

 私は大消失と聞いて、ニライカナイPTとその周辺が丸々焼け野原になる様な大規模な破壊を想像したんですが、どうやら違うみたいですね。

 

 そう思う理由は以下の記述です。 

 

 「人間を成り立たせているウィルオーの意味信号が大域一斉消失」

 

 大消失の渦中に居ながら生き残ったのはアーベルさんのみです。

 当然ユートペディアに登録されている情報と言うのは、大消失発生後の調査で判明したものでしょう。

 

 アーベルさんは周囲の人間が倒れていく様を見ていたとは思いますが、それを「ウィルオーを失ったから倒れた」と断定出来る証拠はありませんから、犠牲者の体が残っていなければ、「ウィルオーの意味信号が消失した」と分かる訳がないと思うのです。

 

 また、「ウィルオーの意味信号が大域一斉消失」と言うのはなんとも理解しづらい表現ですが、ウィルオーとは「人の意思」と表現しても良い重要なものです。

 これが消失してしまえば、「意思の抜けた状態」となる訳で、「死」と定義出来るのかは別として、自力で生き残ることは不可能になります。

 

 ちょっと横道に逸れましたが、大爆発が起きてPT諸共消し飛んだとか、そう言うものじゃなかったことが分かりますね。

 

 

 これらを踏まえて考えると、犠牲者の数に不釣り合いなほど、建造物などには損害が無かった可能性もありますね。

 

 仮に建造物などへの被害も甚大だったとするなら、大消失の後か最中に「煉国」と敵対している天獄が介入し、破壊を行った可能性の方が高い様に思います。

 

f:id:JD000100:20180119200144j:plain

 主人公達がペルタトゥルムを倒し、柩を閉じた直後に天獄勢力の襲撃があったことを考えると、あり得ない話でもないですし、自分たちと同等以上の力を持つ敵対勢力(煉国)がいつ出てくるか分からない扉(柩)など、天獄からしたら真っ先に破壊したいでしょう。

 

 大消失が大規模な天罰だとする説は、この時襲来した天獄勢力の痕跡を根拠にしているのかも知れませんね。

 

 

2.ペルタトゥルム型アブダクターが大消失の現場でどの様な役割を担ったのか

 被害については結論が出たので、大消失におけるペルタトゥルム型アブダクターの役割について考えてみましょう。

 

f:id:JD000100:20180119200218j:plain

 資料集に書いてあった訳ではないので、「ペルタトゥルム型が居たハズ」と言う考察自体が、完全に私の妄想です()

 

 なので、まずは、何故ペルタトゥルム型が大消失の現場に居たと思うのかを説明します。

 

 とあるPTが大消失の跡地から回収した残骸を解析し、あるアブダクターを製造、扱いきれずに計画は凍結されていたものの、最終的にレムリアPTが「オルタトゥルム」、「αC型眩耀(ラディアン)」として実用化したと言う経緯があるからです。

 

 この経緯から、大消失の際に出てきたのは「煉国のエネルギー」だけではなく、「ペルタトゥルムと同型のアブダクター」も含まれていたハズなのです。

 

 そうでなければ、その「とあるPT」はペルタトゥルム系アブダクターのパーツ1つすら回収出来ていないにも関わらず、原型に近いアブダクターを再現して見せたことになってしまうので、筋が通りません。

 

 ついでに言えばこれの残骸があったってことは、撃破までは行かずともペルタトゥルム型のアブダクターを傷付けた何者かがいるハズで、そんな真似が出来るのは唯一の生き残りであるアーベルさんである可能性高いですよね。

 

f:id:JD000100:20180119200939j:plain

 ペルタ君の初見殺しスキルの高さは皆さんもご存知の通りです。

 アーベルさんヤバい(語彙力)

 

 また変な方向に話飛びそうなので戻しますが、大消失の現場にペルタトゥルム型が居た可能性は濃厚ですよね。

 

 ここで思い出して欲しいのですが、他のアブダクターには使えない、ペルタトゥルム型のみが使える属性(?)がありますよね。

 

 そう、「毒」です。

 

 ゲーム内では範囲が狭い上に、予備動作も大きいのでまず食らわないとは思いますが、あれをもっと広範囲にバラ撒けたら、人間(生物)だけを狙い撃ちして殺せます。

 

 この世界では、人間の体内に「ウィルオーを扱う器官」があると、ユートペディアに明記されていますので、この器官を死滅、或いは衰弱させてしまう毒であるなら、ウィルオーを奪うことも出来ますから、あり得ない話ではなさそうです。

 

 ついでに言えば、ペルタトゥルム型の目玉に乗っかっている女性ですが、「メドゥーサ」によく似ています

f:id:JD000100:20180119194105j:plain

 ※「メデューサ」と言う表記が一般的な気もしますが、「メドゥーサ」表記も間違いではないので悪しからず(と言うか外国語を無理やりカタカナにするのに無理がry)。

 

 メドゥーサと言うのは、見た者を石化させるそうですね。

 

 体は無傷のままウィルオーを奪われた人は、石の様に動かなくなるでしょうから、ぴったりなモチーフだったのかも知れません。

 

 

 大消失直後のニライカナイPTは、ほぼ無傷の建造物と動かなくなった人々が存在する恐ろしい情景を見せていたのかも?

 

私なりの結論

f:id:JD000100:20180119200245j:plain

 だらだら書いてきましたが、大消失で具体的に何が起きたのか、私なりの結論を出すことが出来ました。

 

1.ニライカナイPTが「柩」の軍事転用実験に失敗

(アリエスさん曰く「柩の開け方を間違えた」)

2.開いた柩から煉国のエネルギーが流出、同時にペルタトゥルム型アブダクターが1機以上出現。

3.ペルタトゥルム型による「毒」の散布。

4.「毒」によりウィルオーを奪われた人々が倒れていく

 

 恐ろしいですね

 直接的な暴力でもって、何もかも奪い去っていく天罰とは違った恐怖があります。

 

 存在感の薄い「毒」攻撃ですが、煉国製のペルタトゥルム型しか使ってこないことを考えると、「煉国」と言う勢力の思想が見えてくる様な気もしますね。

 触鎖の行う冷気、火炎放射攻撃も、思えば対兵器と言うより対人攻撃用と言う側面が強い様に思います。

 

 鳥籠を持たない点も含めて、人を攫うのではなく殺すことを主眼に設計されているのが煉国アブダクターの特徴なんでしょうか。

 

 アブダクター(略奪者)とは言えないただの殺戮マシーンであると言う意味では、天獄アブダクターより恐ろしい存在である様に思います。

 

終わりに

 久しぶりに考察(妄想垂れ流し)系記事が書けて楽しかったです。

 「煉国」が予想以上に恐ろしい殺戮集団である可能性が見えてきたり、こう言う発見があるから楽しいのです。

 

 まあ、全部私の妄想なんですけどね。

 

 何か役に立つ訳でもない話に最後までお付き合い頂き、ありがとうございましたヾ(๑╹◡╹)ノ"

私が参考にしたブログの紹介

対人を始める前に読んでおくと良いブログ

 どうもMiaです。

 今回は対人ボランティアについてのお話しします。

  

 これも書いてみてと意見を貰った話題なのですが、私は戦い方や立ち回りについて語れる程上手くないので、参考にしているブログの紹介をしてみます。

 

  私が参考にしているブログは2つです。

 1つ目はこちら。

f:id:JD000100:20171202125255j:plain

甘辛い人生だった -

 

 対人ボランティアで勝利したり、チームに貢献すると「CTP」と言うポイントが貰えるのは皆さんご存知ですよね。

 

 あのポイントをカンスト(99999ポイント)させている、「甘城さん」のブログです。

 

 私があれこれ語るより、絶対こちらの方が参考になるので超オススメです

(と言うか私の実力で対人ボランティアについて語るのはNG)

 

 オススメ武器から、ブースター構成、アイテム、荊の使い方...と対人ボランティアで使う重要要素についての解説が丁寧にされています。

 

 甘城さん本人は「現役勢に向けて書いてる」と言うのですが、これから対人ボランティアを始める人にも読んで欲しいと個人的には思うのです。

 

  2つ目はこちら。

f:id:JD000100:20171202131115j:plain

パノプティコン貢献ブログ

 

 こちらは私の立ち回りにかなり影響を与えた、「エンザンさん」のブログです。

 

 「交戦距離」について、かなり重要なことが書いてあると感じました。

 

 狙撃銃だからって、俗に言う「芋る」のはあまり宜しくないと気付かせてくれた記事であり、当たり前のことではありますが、「考えて戦う」ことの重要さが良く分かります。

 

 こちらもおそらく現役勢向けの記事ですが、誰が読んでも参考になると思います。

 

終わりに 

 対人ボランティアは何の準備もせずに行って楽しめるかと言うと、まず無理だと言うのが正直なところです。

 

 ランクが低いからというだけの理由で嫌な顔をする人は居ます。

 どのゲームでもそういう人は居るでしょう。

 

 ただ、自分なりの準備をしてきた人に対して、全員が全員嫌な顔をする訳では勿論ありません。

 受け入れてくれるホストは必ず居ます

 

 ただ、何の準備もしない、調べてもいない人と言うのはホストも対応に困ります。

 

 追い出すのは忍びない、しかし一定の水準に満たない装備では、たとえ技量があっても勝ち目が薄いのは分かりきっている(装備を揃えられない人に技量を期待するべくもない)。

 

 結果、長々と対人戦に関する知識をチャットで説明しなければならない状況になり、その間対戦できない他のメンバーも正直面白くない状況になります。

 

 それで宜しくない空気になる場面を何度か見ているので、多少自分で調べておくことをお勧めします。

 

 協力ボランティアとは求められるものが違うので、必ず準備はしましょう。

 

 では今回はこの辺りで。

クイックショット(QS)について 〜概要説明編〜

出来ると楽しい&強い

 どうも、珍しくやる気を出して更新頻度上がり気味のMiaです。

 このペースを維持したいものですね(´・ω・`)

 

f:id:JD000100:20171112145604j:plain
 今回はタイトル通り、クイックショット(以下QSと表記します)についての解説記事になります。

 

 今回はQSの概要とQS可能な武器、QSは数種類存在するのでその紹介を行います。

 

 この記事一つにQSのやり方まで纏めようとすると、「操作タイプの数×QSの種類分」書くことになって、非常に長くなり読みづらいので、実践編を操作タイプごとに分けて、この記事の最後にリンクとして貼っておきます。

 

 今更感は凄いんですが、記事にして欲しいと言う意見があったので頑張りますね💪('ω'💪)ムキッ

 

 

QSって何?

 一応説明しておくと、一部の射撃武器で発生する発射直後の硬直を、ダッシュすることでキャンセルし、通常操作では実現不可能な速度で連射することです。

 

 

QS出来る武器

 フリーダムウォーズでQSを使用可能な武器はこちらです。

・SR-42/LA

・AR-7L

・牙龍

クリーミー・スクリーミーJr

 

 牙龍のQSはちょっとと難しく感じましたが、他は簡単だと思います。

 

 当たるかどうかは別問題ですが。

 

 

様々なQS

 一口に「QS」と言っても、やり方がいくつかあります。

 人によって呼び方が違うので、この記事で使う名称と、どう言う動きになるのか、長所と短所を簡単に紹介します。

 

回るQS

 その場でクルクル回りながらSRやARを連射してる方を見たことありませんか?

 あれが「回るQS」です。

 

 このQSの長所は、「射撃位置を固定出来ること」です。

 後述するQSは全て射撃位置が射撃の度に変わりますので、このQSのみが持つ長所です。

 

 短所としては「他のQSと比べると、連射速度が少し遅い」と言うのが挙げられますが、あえて挙げるならこれと言うだけで、大きな欠点ではないです。

 対人戦でのQSハメも十分に可能な速度は出ます。

 

キモQ

 変な名前と思われるかも知れませんが、私が考案した名前じゃないので文句は考案者を探し出して、直接言ってくださいb

 

 前進(後退)しながら高速でSRやARを連射している方はこの方法を使っています。

 

 別プレイヤーから見ると、後述する「クリーミー撃ち」と動きはほぼ同じです。

 この記事では、スコープを覗く(エイムモードにする)動作を含めているものをキモQと呼称します。

 

 長所は「連射の速さ」、短所は前進(後退)しながら連射する為、的が自分と同じ高さにないと連射中にエイムが外れてしまうことと狭い場所では使いづらいことです。

 

クリーミー撃ち

 キモQにかなり近い動きになりますが、スコープを覗かず(エイムモードを使わず)連射する方法を「クリーミー撃ち」と呼ぶことにします。

 SR、AR、クリーミー全てで使える撃ち方です。

 

 長所は何より「簡単なこと」だと思います。

 発射ボタンとダッシュボタン、左スティックの同時入力をリズム良く繰り返すだけなので、QSを初めて試す場合にはこれから始めると良いと思います。 

 

 短所としては、「射線がブレやすい」ことが挙げられます。

 特にSRはこの撃ち方だと当て辛いので、回るQSかキモQを使う方が良いです。

 

牙龍のQS

 牙龍のみ他のQS可能武器とは違い、発射前に溜めが入るので、QSもやり方が大きく違います。

 流れとしては、「発射ボタンを押す→発射と同時にダッシュ」という操作を繰り返します。

 

 また、派生強化前のクリーミー・スクリーミーJrでQSする場合もこちらのやり方になります。

 

 牙龍はこの方法でなければQS出来ないので、長所短所を挙げる必要ないですね。

 

 今回、このQSについての解説はしません。

 

 

各実践編へのリンク

 QSの紹介が済んだところで、いざ実践ですーヾ(๑╹◡╹)ノ"

 冒頭でお話しした通り、記事が長くなり過ぎるのを避ける為に実践編は操作タイプごとに分けて書きます

 

 ご自身が使っている操作タイプの記事を選択して、確認してみてください。

 

 

 荊1タイプor荊2タイプ 

jd000100.hatenablog.com

 

 ダッシュタイプorハンター2タイプ
jd000100.hatenablog.com

 

 シュータータイプorテクニカルタイプ
jd000100.hatenablog.com

 

 ハンター1タイプ

jd000100.hatenablog.com 

 

練習編へのリンク

 私が実際に行っていたQS練習やQS練習にオススメのボランティアの紹介をしています。

jd000100.hatenablog.com

 

 

終わりに

 質問や意見をお持ちの場合は、この記事や各実践編へのコメントお待ちしてます。

 

 では、実践編でまたお会いしましょうヾ(๑╹◡╹)ノ"